2023年買ってよかったもの

コロナ禍が始まって初めて感染したので備忘録

コロナ感染イメージ

筆者は感染対策はコロナ禍が始まった2020年当時から継続しており、マスク着用、うがい手洗い、鼻うがい、黙食、混雑時の公共交通機関をなるべく避ける…などを徹底してきました。

だからと言って旅行やお出かけを自粛し続けているという訳ではなく、感染対策を取りながらイベントを楽しんだりする派です。

2024年2月、この時期にもっとも猛威を奮っていたのはおそらく「JN.1」という株。

始まりは偏頭痛と勘違いした頭痛と、鼻奥の違和感。

どこで感染したのかは全く分からない状況でした。

今後のためにも記録しておこうと思います。

感染したかも?検査キットを使ってみた理由

検査キットを使った日の前日、頭痛からの吐き気がひどく会社を早退しました。

気圧の影響でよく頭痛症状はあるので今回もそうだろうという判断。

ただいつもの頭痛と違った点があってそこは気になっていたのです。

いつもの頭痛と違った点
  • 痛みのスタートが急だった(直前まで元気)
  • 痛みの強弱がいつもより大きかった
  • 貧血の時しかほぼ起きない脈が飛ぶ症状があった

帰宅後は頭痛は消失したので、「あーよかった」と思っていたのですが…

翌朝起床してみると鼻奥の強い違和感を感じ、我が子はお友達と遊ぶ約束をしていたので万が一があってはいけないと思い、検査キットを使用しました。

参考にした情報

上述した頭痛の前日、仕事帰りの道中や立ち寄った店でいつも以上に多かった外国人観光客や若者がノーマスクで居たので、嫌な予感がしていたのもあります。

悲報

アボット抗原検査キット

クッッッッキリ疑いようのない陽性線!!!

オパール

もっとうっすら出るかなと思ったらしっかり出るじゃん…

3連休どこにも出かけられないのは残念ですが、他人にうつしてしまうのは避けたいので大人しく引きこもります。

会社に確認したところ、医療機関での検査は任意ということだったので受診はしませんでした。

症状の経過

覚悟していた高熱や飲み物を飲めないほどの喉の痛みはなく、いわゆる風邪のような症状で経過しています。

受けられるワクチンは全て受けたこと、普段から5層マスクでウイルスを吸い込む量を減らせていたことでここまで症状が軽いのでは?と素人ながら思っています。

0日目
2/9(金)
1日目
2/10(土)
2日目
2/11(日)
3日目
2/12(月)
4日目
2/13(火)
5日目
2/14(水)
6日目
2/15(木)
頭痛
気圧?

気圧?
鼻奥の痛み
喉の痛み
倦怠感

37.4

37.2

37.1
鼻水、痰
口内炎
味覚嗅覚
○は軽い症状
●は強めの症状

過去にヘルパンギーナに感染したことがあり、高熱とひどい喉の炎症で唾が飲み込めなくなった経験があるのですが、それに比べたら鼻奥・喉の痛みは少しマシです。

朝、目が覚めて起きて朝食を食べ、昼食を食べ終えると身体を起こしてるのがしんどくなるため昼寝をするという感じを繰り返し…

食欲は筆者も我が子もバッチリあって、朝昼晩の食事の他に間食もしっかり摂ってました。

また、市販の風邪薬を気休めに飲んでみました。

ずっと引きこもっててスキンケアなども怠っていたので、4日目の朝食を頬張ろうと口を開けたら口角が切れました…肌の保湿、唇の保湿も大切ですね(涙)

家の中の行動範囲

筆者の実家で親と同居しており、筆者と我が子は1部屋で過ごしています。

我が子もすでにウイルスを保有しているであろうという前提(みなし陽性)で一緒に隔離生活をしました。

とはいえマンションの狭い一室。

トイレや洗面台、浴室は両親とも共同で使うしかありません。

なるべく顔を合わせることが無いように、LINEで行動を共有しながら過ごしていました。

気を付けた点
  • 隔離部屋(自室)の窓は常に1cm開けておく
  • マスクは常に装着
  • 共同スペースは感染者使用後に消毒スプレーする
  • 食事は部屋の前のドアに置き顔を合わせず受け渡し
  • トイレ後の手拭きは使い捨てペーパータオルを使用
オパール

親にはだいぶ無理をさせてしまい申し訳なかったです…

療養中に食べた食事など

まったく普段と同様の食事…焼き魚、煮物、サラダ、とんかつ、うどん、焼きそば…何でも食べられました。

筆者はいつも朝食代わりにプロテインとグラノーラを食べていますが、それを親に用意してもらうのは申し訳ないので、菓子パンや惣菜パンをまとめ買いしてきてもらって朝食に食べていました。

オパール

ちょうどヤマザキ春のパンまつりのキャンペーンをやっているので、一気に点数が貯まります!

我が子には我が子用で別でパンが買ってあるのに、普段は選ばないような惣菜パンもこういう状況だからなのか…

我が子

これ食べたい!美味しそう!

と、どんどん在庫が減っていく…

食欲があるのはいいことなので良いんですけどね(汗)

水分は初日にアクエリアスの経口補水液を飲んで以降は、ポカリスエットのイオンウォーターをしっかり飲んでいました。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

鼻奥・喉の痛みはありましたが、物を飲みこめないほどの痛みではなかったのでお菓子類もパクパク食べちゃいました!

オパール

全然参考になってない!!!

職場復帰は慎重に

コロナが5類に移行してから療養期間は5日間になりましたが、ウイルス排出期間が5日間になったわけではありません。

しかも5日目を過ぎても、症状が軽快してから24時間を経過するまでは外出を控え様子見が推奨されています。

また、10日目前後までウイルスを排出しています(次章の写真参照)。

10日間が経過するまでは、ウイルス排出の可能性があることから、不織布マスクを着用したり、高齢者等ハイリスク者と接触は控える等、周りの方へうつさないよう配慮しましょう。発症後10日を過ぎても咳やくしゃみ等の症状が続いている場合には、マスクの着用など咳エチケットを心がけましょう。

引用元:新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後の対応について|厚生労働省

なるべく早く復帰したいですが、職場でクラスターを起こしてはいけないので…体調と職場と相談して復帰日を決めたいと思います。

おすすめマスク

1回も感染せずに逃げ切りたかったですが…

もうこれで感染対策を放棄するということは当然ありません。

感染を重ねるほど身体はダメージを受けているという研究もあるそうなので、マスク着用・うがい手洗い・鼻うがい・黙食・人混みを避ける…可能な限り続けます。

症状が消えてもウイルスは出続けている

熱、咳、鼻水、倦怠感など…症状が消えても、ウイルスはある程度の期間体内に残っています。

そのため、マスク着用などして周りの方に感染させないよう配慮が必要です。

筆者は過去に行政から万が一のために送付してもらっていた検査キットを冷蔵庫で保管していたので、今回日にちを空けて陽性線が出るか確認してみました。

1日目(発症日翌日)

アボット抗原検査キット発症日翌日の陽性線
ハッキリクッキリ

5日目(復帰日前日)

抗原検査キット復帰日前日(5日目)
まだまだクッキリ

9日目

抗原検査キットまだ出る陽性線(9日目)
うっすらでも陽性です

どんなに薄くても、線が出ていたら陽性=体内にウイルスが残っている状態です。

やはり10日前後は気を付ける必要があると体感できました。

今後も変異株が次々確認されるでしょうから、情報収集しつつ感染対策を継続します!

スポンサーリンク


Blog Design Lab.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
オパールのプロフィールイラスト
オパール
熱しやすく冷めやすい。習い事など決まった日時に目的地に向かうことが苦痛。通信教育続かない。社交的に見える人見知り。約束直前に気が重くなる。人と楽しい時間を過ごしても帰宅後疲労困憊で動けない。そんなタイプの人間です。