使用テーマはSTORK19!

【防災ポーチ】震災経験者が普段持ち歩くポーチの中身や防災グッズをご紹介

防災グッズ
オパール

こんにちは!オパールです。

皆さんは洪水や地震災害に備えて、非常食や防災グッズを準備していますか?

実は東北在住のオパールは、東日本大震災経験者です。

津波が来る地域ではなかったですが、避難所で4日ほど過ごした経験があります。

この記事では、最低限備えておいた方がいいオススメ防災グッズをご紹介します。

日常で持ち歩く防災ポーチ

防災リュックはよく聞きますが、防災ポーチは知ってますか?

まさに普段使いのカバンの中に忍ばせておく防災グッズを収納しているポーチなのですが…

大きな災害はもちろんですが、外出先で遭遇することもありますよね。

例えば…

  • 通勤電車が立ち往生、缶詰状態で6時間拘束
  • 大雨の影響で道路が冠水、会社ビルから帰れなくなった

実際に先日の雪のニュースで、車の中に缶詰というものもありました。

そんな時、お守りのように役立つ防災グッズがあれば心強いのです!

防災ポーチの中身

防災ポーチの中身
  • ホイッスル
  • ミニLEDライト
  • マスク
  • 防寒シート(サバイバルシート)
  • ハサミ
  • 常備薬、絆創膏
  • 小銭
  • ビニール袋
  • 除菌ウェットティッシュ
  • カロリーメイト
オパール

写真には写っていませんが、以下のものも入れています。

  • エチケット袋(嘔吐しそうになったら)
  • 携帯用ミニトイレ
防災ポーチの重さ

画像だけのものを入れた状態で300g未満なので、エチケット袋や携帯ミニトイレを入れても約300gと考えていいと思います。

普段から持ち歩いているもの

上記の防災ポーチの他に、必ず持ち歩いてます。

  • 生理用品
  • モバイルバッテリー
  • ポケットティッシュ
  • 筆記具
  • ウルトラライトダウンコンパクトベスト(冬場のみ)
  • お薬手帳
  • ミニラジオ

防災ポーチの中身は100均でそろう

ある程度のものは100均で充分揃います。

持ち歩くのが大変にならない程度にそろえてみてください。

自分が使わなくても、誰か困っている人に差し出せるかもしれませんよ。

避難所で必要だと感じたもの

3.11で経験したことを踏まえて、私が「必要だったな」「あったらよかったのにな」と思うものなどをご紹介していきます。

あの日

2011年3月11日、14時46分。職場。

クライアントとの報告会の真っ最中。

長く続く揺れ、消える照明、机の下に潜るだけで精一杯。

天井から何か飛び出して、窓ガラスは割れていました。

避難指示が出て外の駐車場に集まるも、携帯電話など持ち出す余裕もなく、情報が入らず雪が降る中、指示を待つだけの時間が過ぎ…

やっと帰宅指示が出てから荷物を取りに社屋内に入り、同僚の車に同乗させてもらって自宅マンションへ。

停電で信号も光っておらず。

ライフラインは全滅でした。

自宅マンション周辺の避難所を知らなかったため、当時お付き合いしていた現夫と人々が向かう先をついて行くと、中学校の武道館が開放されていました。

ここで4日ほど過ごすことに。

避難所で欲しかったもの

モバイルバッテリー

やはりスマホの充電器です。

情報を収集する、また家族と連絡を取るために携帯電話は必需品でした。

避難所のコンセントを独占するわけにいかないですから、モバイルバッテリーが現実的ですね。

それでも充電できる回数に限りはあるので、一時的なものにはなりますが、無いよりいいです!

サバイバルシート

避難所では、真夜中の2〜3時くらいになって自衛隊が到着し、毛布が配られました。

出入り口の近くにいた私たちは2人で1枚借りられましたが、ほんの一部にしか行き渡りませんでした。

避難所ではサバイバルシートのシャカシャカ音が聞こえていたので、自分で備えていた人たちもいたのでしょう。

食料品

避難所ではアルファ米を使ったワカメご飯などが配られました。

ほか、近所のお菓子屋さんからの差し入れがありましたが、いつ食料が尽きるか不安だったので、一食に食べる量を抑えて残しておいたりしました。

保存水

ゴクゴク飲みたいという意味ではなく、歯みがきに水を使いたかったです。

避難所で1人1本は配られましたが、あっという間になくなります。

ウェットティッシュ

3月は花粉も飛んでいる時期です。

水が出ない不衛生な時に、花粉症の目の痒みを手で擦ってしまうと、結膜炎になってしまったりします。

病院が開いているかも分からない、薬局にも長蛇の列ができる状態で薬が手に入るかも分からない。

となると、手を綺麗にできるウェットティッシュはあった方がいいなぁ、と感じました。

避難所生活後に備えたもの

あの経験は、いろいろなことを考えさせられました。

災害大国に生きていながら、まったく備えをしていなかったのですから、反省せずにいられません。

ソーラーチャージャー

上でモバイルバッテリーと書きましたが、充電がなくなってしまってからも電気が戻らない可能性があります。

手回し充電器もありますが、労力の割になかなか充電されません。

天候によりますが太陽光で充電できるのは助かります。

電池

避難所に行かなくても自宅で過ごせるように備えるなら、電池は必要です。

まとめ買いしました。

照明各種

街灯のない、周りの住宅から漏れる光もない世界はとても暗いです。

スマホのライトでも足元を照らせますが、充電がもったいないですね。

スマイルランタンは子供が不安を軽減できるかな、と購入。

電池がどれでもライトは、単1〜単4どの電池でも使えるので便利です。

ネックライトは両手が空くので、荷物を運んだり子供と手を繋いだりできます。

天然水

水はローリングストックします。

普段から利用しつつ、切らさないように在庫管理を。

食料品

水やお湯を注ぐだけのアルファ米は、食べやすく味がついていても期限を迎えた時に消費するのが大変でした。

それであれば米は常に家にあるので、カセットコンロを使い鍋で米を炊く方が良いと。

少量口にするだけでも気持ちが満たされるお菓子を多めに用意するようにしています。

また温めずに食べられるカレー職人は、非常時には満足度が高いかと。

オパール

災害時、キャンプグッズが役立つことが多いので、趣味がキャンプの方は代用できますね!

防災意識を日常に

防災リュック

あくまで私の経験や考えからまとめた内容です。

お住まいの地域や通勤手段などによっては、もっと適している物品があると思いますので、ご自身で工夫をしてみてください。

日常使いしている物にプラスアルファするだけで、突然の災害の際に役立つかもしれません。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA